読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢乃時こと夢楽 楽夢楽見楽の現実逃避。

嫁補正が強い馬鹿が書くものです。 基本短篇話を不定期に更新します

ア:お腹空いたー オ:うー 夢:そんな時は… 夢:つシュークリーム 藍:はいはいもうそろそろでご飯ですからね甘味は控えなさい(夢月の頬を抓る) 夢:はひー

 突然すぎるお知らせ 2

友紀の担任に急かされ家を開け向かった先は搬送された病院だった。 私は大慌てでスキマも使わず走って行ったので、妖怪の姿のままだったが、そこら辺はどうでも良かった。神綺さんが愛した娘だ。神綺さんの代わりに思う存分愛してやろう。そんな心が私にあっ…

現在進行形雑談

ア:ブラッックムゥウウウウンイッッツザフュュゥウウウウウウチャァアアアアアアアアアアアwww答えwなwどwなーくーてーwww ユ:煩い ア:酷い! 藍:それにしても、こんなに影響されなかったのも初めてだよな。 キ:そうね。 オ:テッテレレー♪テレテレー♪テレレ…

突然すぎるお知らせ

藍は働きに出て、橙は遊びに行き、キクリは買い物、ユキと里香は学校に行っていて、いつもいる人達がいず、ただ一人家の中に居座る。 今の私は、母親としての八雲紫。 家の番人をするという使命を今や全うしている所だ。 …でもとにかく暇だ。暇すぎて死ぬ。 …

てー↑てー↑てー↑

エ:てーてーてーててってーてれてれてーててってー 布:てーてーてーてれってーてれてれてーててってー↓ 幽:てーてー てーてーれれっててれれてーれてーてーてれれれてーてーて↑ 雛:てーてー てれっててーれれ ててー てーれれれれれれれれれー↓ 美:Oh my God…

ユキと里香が話すだけ

里香「愁いって何なんでしょうか?」 ユキ「さぁねぇ」 里香「そしてこの投げやりなタイトルは何なんでしょうか」 ユキ「…メタいわよ」 里香「そして何故人は傷付け合うのでしょうか。」 ユキ「私が知りたいわそんなん」 里香「何故人は死ななくてはいけない…

美鈴と雛と布都と幽々子とマイの話

美「pit world.」 マ「ツァピか」 幽「マイちゃんも分かるようになってきたわね。」 マ「…まぁね。」 幽「口数も増えたし♪」 雛「最初の時なんて愛想笑いしかしなかったものだからね。」 布「非常に喜ばしい事だな。」 マ「か、勘違いしないでよね。…今もユ…

マリンブルーの。

後5%は夢と希望 触れることなど、できない。

雛と布都と幽々子とマイの話

雛「紅く染まった その心は 手が届かない」 布「ねぇ、今どんな気持ち?手が届かないなんて、気持ちが届かないなんて、今どんな気持ち?」 幽「ゴペェ…」 マ「煩くなったわね」 幽「結局のところ、やっぱりみんなボケなのよね。」 雛「突っ込みがいないなん…

布都と幽々子とマイの話

布「さ、幻想郷で我と握手をしようではないか!(ドヤァ」 幽「あらあら、それ最近のでいう●車戦●トッ●ュウ●ャー放送中のCMで流れる『●●ター●●●●●で僕と握手』じゃないの?」 布「愛する希望があればー楽に」 幽「●●ー●●が倒せない。」 マ「ハハッ」 幽「ミ、ミ●…

里香が藍の心に気づく話

ある日、 たまたま私と藍さんだけが来た時に藍さんが座っている前でユキちゃんが寝ていた。いつもは先輩らしく呼び捨てにしているけれど、心の中ではちゃん付けなの、勿論みんな。 で、いつもなら普通に寝室に運ぶのだけれど、今日はじぃ…っと見てた。 そし…

「彼女と時計と人形と」から描く裏面子未来形話 1

ここから

ただのユキマイ過去系話であり原作とは一切関係ないとかそういうことであり

「ごめんねマイ、風邪拗らせちゃった。」 「…とか言ってる割には元気そうね」 「マイのお陰でね」元々病弱な相棒が元気そうにいれた訳っていうのは、大体神綺様の守護のお陰であって、私が別にどうということもない。 料理も夢子姉さんが作ってくれたし、仕…

つっこみ役にはなれなかった

「ごふっ」どうも、毎度毎度失礼致しますよ。突っ込み担当のユキです。今、なんか余命が近いことを感じました。 ユ「あーうーもー何でなのよぉ……」 咲「あー、これじゃあ妹様とも遊べないもんねぇ」 藍「そんなことより彼処の神社の蛙みたいに言うな」 咲「…

ちょっと未来の話

「…」 「ユキ、外出して大丈夫なの?」 「大丈夫…それに、私がリーダーみたいなものだから…まとめないと…」 「無理しないでよ?」 「分かってるわよ…でもそんな心配しなくても…」 「心配するわよ、だって私の妹だもの。」 「人間世界の戸籍上八雲姓になって2…

うつつのねがい

私は、季節で言うと冬が好き。だって、私の好きな雪が降るんだもの。私と同じ名前の「雪」でも、それは積もらなければ一瞬でなくなってしまう。手の平に乗せただけでなくなってしまう。雪は儚い。雪が降り始めたと思っていれば、すぐ春がくる。しかもその一…

うつつのゆめ

夢は現になる。私があの子を見てて思ったこと。あの子が高等学校に合格した。そりゃああの子頭いいから、というのもあるけど。にしても、本当に紫の子だったらあんなに頭が良い訳ないし。まぁ、あの子がつくりモノであったことに…いや、本当につくりモノなの…

平穏すぎた日常

「ユキ、何してるの?」 「あ、フラン。勉強よ勉強。」 「へー」 ユキが外の世界の学校に通い始めて、1ヶ月以上の月日が経った。 今では魔界の事を口にしても泣く事もなく、受験勉強に専念していた。 元からあたいは外の世界にいたから分かる事は教えてあげ…

今日はネタが無いのね

She's in temper!! remix 2 (Babbe Music) - YouTube 里香「適当にこうやって動画を持ってくるのです。旧作だけなのですよ。そういうの苦手な人はreturn!」 紫「ねーむーい」 http://www.youtube.com/watch?v=No7LQBY2ewA 【東方】Bad Apple & Good …

私ゃ夢得音楽隊の… 4 過去作はこれ位かな?

魔理沙「んじゃ、行くぜ!」橙「早く早く」魔理沙「私ゃ夢得音楽隊の霧雨魔理沙ー 上手にトランペット吹いてみましょ」ちゆり「(マリンパを叩く)」魔理沙「(演奏中)」椛「次行きます 私ゃ夢得音楽隊の犬走椛ー」にとり「お、おう」椛「上手にチェロ弾いてみま…

私ゃ夢得音楽隊の… 3 このシリーズ、過去のやつ

レイセン「んで…、何しろと?」夢月「咲っぺのように、荒ぶってください。」咲夜「私ゃ夢得音楽隊のー」レイセン「…(汗)」紫「大丈夫よ、レイセン。皆やったんだから、貴女もできるわ。」レイセン「やったんですか!?」紫「…ええ。」レイセン「…はぁ…」ユキ「…

私ゃ夢得音楽隊の… 2

アリス「私ゃ夢得音楽隊のアリス・マーガトロイドー 上手にホルン吹いてみましょ (演奏中) も一回どうぞ」咲夜「(はっ…)私ゃ夢得音楽隊の十六夜咲夜ー 上手にクラリネット吹いてみましょ (演奏中) はい、夢月さん」夢月「(指名!?)私ゃ夢得音楽隊の旧作の夢月…

私ゃ夢得音楽隊の…

夢月「私からも言わせてもらいますと、この裏面子だけで音楽隊を作ってみるのは?」フランドール「おお…、一番まともだ…」藍「最初からお前が言えば良かったじゃん」夢月「いやいや、まだ、皆さんの考えを聞いてからにしようかなとか思っていたので…」橙「…ん…

本当に?

ユキ「…」 紫「どう?1週間現世の学校に通って。」 ユキ「…やっぱり、馴染めないわぁ…」 紫「八雲姓の上に友紀っていう名前だし、鏡見ると黒髪だから?」 ユキ「いやいや、そういう訳じゃなくて…」 紫「どういう事?」 ユキ「そりゃあ馴染めないって訳だか…

 裏面子最新設定

裏面子設定とにかくふざけまくるのが特徴な物。 橙可愛いのに何処かしら大人っぽい子精神年齢 9歳 口調 敬語 種族 妖獣・最初無言で存在感が無かったユキの存在を知らせた、優しい子。・ふざけるところは、とてもふざけたりない程真面目。・藍と紫にはあまり…

後の祭り

今回は小説風。只今午前5時。何だか不思議だ。 お嬢様から許可をいただき、妹様とゲストの小兎姫さんと一緒に鍋パーティに行ったのは覚えているのだけれど、料理を口にした途端気持ちが和らいで眠ってしまったとしか覚えていない。天井はどう見ても、紅魔館…

だが、しかしな…

咲夜「裏面子があるのよぉぉぉぉ!」アリス「何このさきよさん」咲夜「さきよじゃない、さくやよ。貴女は私を知っているでしょう?」夢月「へぇ。さきよって読むんですか」咲夜「違う。咲夜と書いてさくやよ。」紫「何なのこの茶番」藍「仕方無い。でも、初回…

鍋パーティ!

オレンジ・夢月「お邪魔しまーす」 ユキ「久しぶり。変わってないわねぇ…」 夢月「ユキが変わりすぎなのよ。」 ユキ「そういうつもりは………」 オレンジ「まぁ、そんな空気にならずに…準備の手伝いしよっか?」 ユキ「ありがとう。」 夢月「私もやりますよー」…

部屋の視察

藍「紫様ー」 紫「あによ」 藍「次の所は、此処でしたよね。」 紫「ええ、そうよ。一応待たせてあるから、そこにでも行くといいわ。」 藍「はい、分かりました。」 橙「藍様、待たせてあるって、誰の事ですか?」 藍「まぁまぁ、見てからのお楽しみさ。」藍…